2006年11月19日

【@nifty保険アドバイザー】

なぜ見直しが必要?
ライフスタイルの変化は必要な保障額と必要な保険にも影響します。

たとえば結婚したら、当然家族の保障も必要になります。もしあなたが世帯主なら当然、扶養家族の生活がかかっています、もしあなたに万が一の病気や死亡などがあれば、家族の生活のための保障や病気治療のための保障が必要になってきます。

たとえば自分の子供が独立したら、今度は逆にあなたに万が一のことがあっても、子供の生活の保障は要らなくなります、むしろ自分の生活と自分の入院の保障が重要になります。

たとえば会社を辞めて独立したら、家族を養ったまま独立ということは、厚生年金の枠から外れ、万が一の場合には、国家(国民年金・国民健康保険)から保障される内容に変わります。これはイコール自分で用意すべき保障内容・保障額がかわるということです。

保険商品の変化

保険の商品は時代によってまったく異なるものが出てきています。例えば、医療保険のがん保険の保障内容、医療技術の変化、日帰り保障の登場、自由な保障額設定など様々です。

なるほどと思った方はこちらから無料相談をお申し込みください。


posted by アレックス生命保険PG at 11:15| nifty@保険アドバイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自動車保険無料一括見積もり
ローン申込クレジットカードキャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。